アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は?
emulsion33

アトピー性皮膚炎は、可愛くなったり悪くなったりを増やす、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気だ。

1)皮膚の炎症を伴う病気だ
アトピー性皮膚炎は、がんらいアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能がしょうもない人に手広く在る皮膚の炎症を伴う病気だ。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、可愛らしくなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、相当治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)貫くと慢性と判断します。

【湿疹の特徴】
赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって燃える
左右対称にもらえることが多い
おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい
アレルギーを起こしやすい体質の人

ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの人がいる場合、その体質を受け継いで、とにかくアレルギーを起こしやすくなることがあります。またまさにご本人がそういった病気をわずらったことがある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。この体質のことをアトピー素因と呼びます。
皮膚のバリア機能

皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割を担ってあり、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いである。アトピー性皮膚炎では、これらの「皮膚のバリア機能」が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入り込み易い状態になっています。「皮膚のバリア機能」は元々の体質もありますが、皮膚を引っかいたりこすったりといった物理的な刺激や、汗、石鹸、コスメティックス、紫外線を通しても低下します。

原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応
可愛らしくなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が貫くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によるもので、細菌やウイルスなどから身を続けるために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこういう免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、元々のアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下もすごく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる手強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定としてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

皮膚への刺激

zone_99

ダニ、カビ、ほこり(ハウスダスト)など皮膚への物理的な刺激(引っかく、擦り付けるなど)化学物質(石鹸、コスメティックス、金属、消毒薬など)汗、皮膚の汚れ、紫外線など

症状コントロールのポイントは、手早く敢然と炎症を押さえることと、悪化を防ぐスキンケア
皮膚の炎症が貫くとそれに伴ってかゆみも持続し、ますます引っかいてしまうことにより炎症が悪化し、バリア機能ももっと低下します。そのため、外からの刺激を更に受けやすい状態になります。こういう悪循環を止めるためには、一層、直ちに敢然と炎症を治めること、そしてうるおいを保つスキンケア、ますます皮膚への刺激を燃やすことが症状コントロールのポイントとなります。

アトピーの赤ちゃん

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、肌荒れがしばしば起こります。何より「アトピー性皮膚炎」だと、湿疹も悪く、赤ちゃんのことが心配になりますよね。乳児湿疹であれば、多くは1歳頃には良くなりますが、アトピー性皮膚炎の場合はいくつか注意点があります。そこで今回は、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について、症状ややり方、乳児湿疹との違いや見分け方をご説明した上で、アトピー性皮膚炎への虎の巻をお伝えします。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は?

atopismile021

アトピー性皮膚炎は、皮膚にアレルギー反応による炎症が現れるものです。特定のアレルギー物質に反応して来るものなので、赤ちゃんも起こり得ます。

主な症状は、頭部や顔のほかに、耳やひじ、ひざの裏などの関節部分に力強いかゆみを伴い、なかには皮膚がなくなることもあります。慢性湿疹で、思い切りなったり悪くなったりを増やす特徴があります。

アトピー性皮膚炎と間違え易い「乳児湿疹」は?

乳児湿疹は、乳児期に起こる湿疹の総称だ。乳児湿疹という病気があるわけではなく、様々な原因で生じる湿疹をまとめて「乳児湿疹」と呼びます。大抵、肌が赤く至る・酷い水ぶくれができる・うろこ状のかさぶたができるなどの症状が現れます。

乾燥するタイプもあれば、じくじく湿ったタイプもあります。頬やおでこなど顔に現れやすく、お腹や背中など全身に強まることもあります。乳児湿疹は生後2週間を過ぎた頃から生じ取りかかり、1歳を迎える頃には治まるのがほとんどです。

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹で、症状に違いはある?

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の原因は異なりますが、症状は通じるため、医師でも突き止めることが難しいといわれます。素人目では症状だけを見ていても、それが乳児湿疹なのか、アトピー性皮膚炎なのかを特定することはできません。

ただ、アトピー性皮膚炎の特徴としては慢性湿疹で良くなったり悪くなったりを増やすというのがあるので、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」によれば、次の症状を見てアトピー性皮膚炎と診断します(※1)。

● かゆみがある
● 湿疹
● 赤ちゃんの発疹は、頭、顔にはじまって、胴や四肢に下降してくる
● 乳児期では2ヶ月以上、その他では半年以上湿疹が連なる

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎のやり方は?

赤ちゃんに湿疹が現れると、まずは乳児湿疹と診断され、乳児湿疹のケアを行います。しかし、ケアを通じていても症状が一心にならなかったり、悪化したりする場合には、アトピー性皮膚炎の可能性が考えられます。

そのときは、小児科か皮膚科のともかまいませんので受診ください。アレルギー科がある病院だと、アトピー性皮膚炎だったときにより的確に対処していけるよ。

アトピー性皮膚炎と診断されたら、アレルギー物質と考えられるものは取り除いた上で、なるべく症状を悪化させないように、病院から処方された薬として治療を積み重ねることになります。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎にステロイドは使ってもいいの?

アトピー性皮膚炎でよく利用されるステロイドですが、ホルモン剤ということもあって、赤ちゃんに使ってもいいのか、心配におもうママやパパも多いようです。ですが、ステロイドはアトピー性皮膚炎の治療に有効で、適切な量や用法であれば副作用も抑えて利用できるとされています。

副作用には、ニキビや水虫による肌荒れ、肌が赤く腫れて仕舞うといった症状が見られることがありますが、いずれもステロイドの使用を除ける結果症状を止めることができます。赤ちゃんの肌の様子に合わせて、医師に相談の上で薬の使用を調節していきましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、家庭でどうしてケアするの?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治療では、普段から肌を清潔に持ち、保湿を心がけるといった、家庭での肌のケアを怠らないようにしましょう。

シャンプーや石鹸のすすぎ残しを除ける

赤ちゃんの体を清潔にすることは大切ですが、シャンプーや石鹸のすすぎ残しや過度な使用があると、刺激によって皮膚炎を誘発することがあります。使用するシャンプーや石鹸自体も低刺激なものに取り替えるといった対処を通じてあげましょう。

乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も、清潔を保つ方法は同じです。関連記事に細かくまとめていますので、合わせて参考にしてください。

入浴後はとりわけ保湿を

お風呂あがりは暑さから汗をかき、その後乾燥しやすくなるので、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームで保湿を通じてあげましょう。肌に水分が残っているうちにコーティングしてあげると、ますます保湿に効果が期待できますよ。

唾液や汗の刺激も軽減

赤ちゃんの唾液や汗が肌に接触すると、それが刺激となってアトピー性皮膚炎が悪化することがあります。汗はシャワーでほぼ出すだけでも効果があるとされます。濡らした瑞々しいガーゼで拭き取って吊り上げるものいいですね。

瑞々しい素材の衣類に変える

衣類が肌に触れることも刺激になるため、肌気は瑞々しい素材のものに変更してあげましょう。洗濯をするときも洗剤が残らないよう、洗剤を少なめにしてあげることも大切です。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎ではアレルギー物質を避けるべき?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因として、食べ物やダニ、ほこりといったものがアレルギー物質となって、症状を悪化させて掛かることがあります。

アレルギーと聞くと、ついに全てのアレルゲンを除去しようと頑張ってしまう。しかし、食物アレルギーが関与しないアトピー性皮膚炎も多数あり、アレルゲンを完璧に除去することは厳しいのです。

無理にアレルゲン除去食を取り入れると、赤ちゃんの発育に影響が出るといった心配な点もあります。医師と相談の上、やり方や日々の食事を検討するようにしてくださいね。

同様に、環境要因としてのアレルゲンを除去しても、完全には治療できません。それでも、症状の緩和には効果が見られるので、ダニやほこり、花粉、ペットの毛などを避けるように部屋を清潔に保ってあげましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は癒えるの?

moringa09

アトピー性皮膚炎と診断されると、治らないものとしてしまう。しかし、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、成長して年齢が高くなるにつれて、症状が良くなる割合が高いとされています。例えば、生後4ヶ月の赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の約70%は1歳半年には治り、1歳半年児の約50%が3歳には治癒したという報告があります(※1)。

ただ、症状の強さによってもことなるため、年齢が上がってもママやパパがじっと赤ちゃんの肌の状態を見て、適切なケアを通じて差し上げることが大切です。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はストレスの解消も重要

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になると、肌の状態が悪化してママやパパの心配が大きくなることもあります。ただ、ストレスで症状が悪化することもぐっすり知られていて、ママやパパが不安に思うこと自体が赤ちゃんのアトピーに影響する可能性もあります。

赤ちゃんは成長するにつれて免疫が強くなり、皮膚も丈夫になって自己治癒力で肌も直せるようになっていきます。赤ちゃんのアトピーは治まって赴き易いものだとして、神経質になりすぎず、時間をかけて治療に付き合っていきましょう。

アトピーの治し方ってあるの?

atopismile022

「かゆくて眠れない症状」で悩んでいる方です。

ボクは、長年アトピーによる痒みで眠れない状態で実に辛かった時期があり、各種方法を試してきた結果、以下の様な考えにたどり着きました。

アトピー性皮膚炎による痒くて眠れない状態から抜け出すには、腸内環境を高める結果、「痒み対策」をしっかりして、それから「不眠対策」を通じて出向くという事です。

では具体的にどうして「痒み対策」と「不眠対策」を通じていけば良いのかを、リストとして掲載しますので、まずは興味のある部分から目を通して頂ければと思います。

アトピーによる不眠を確実に改善していくには
アトピーによる不眠を改善していくには、眠りの邪魔をする痒みを軽減させる事が第一であり、最初に対策を突き立てる必要があります。

その痒み対策でほんとにやらなければいけない事は、「腸の健全化」だ。

腸は免疫機能を根幹を担ってあり、腸がバッチリ機能していないと、免疫が思う存分働かないばかりか、外部から入ってきた異物に対して、過剰に反応するようになり、それが引き金となって、痒みを引き起こします。

皮膚の痒みというと、皮膚の保護する保湿などに目がいってしまいますが、それは対処療法であり、根本的に痒みを改善していくには、腸の健全化が必須です。

kansei57

ボクは、長く痒みで眠れない状態が何年も続き、非常に辛い思いをしてきました。
本サイトで紹介している対策を試行錯誤始める中で、ゆるゆる痒みが少なくなり、自然と寝付ける時間も長くなっていきました。

睡眠外来にも通っていた時期もあり、客観的に自分の睡眠状態を把握しようと願い、「行動計」という睡眠状態を計測する機械を睡眠外来で貸して取り、自分の睡眠状態を計測しました。
その結果は以下に様になってある。

痒みで眠れなかった時は、深夜でも痒くて動いてしまい、その結果がデータ(黒い部分)にきちん表れてある。

しかし、本サイトで紹介している「腸の健全化」を始めとして、色々な対策をそれぞれ実践していくうちに、痒みが軽減して、しっかり寝つけるようになりました。
※上記のデータも、痒みで動いてしまっていらっしゃる時間(黒い部分)が少なくなっているのが、分かると思います。

痒みによる眠れない状態が貫くと、仕事や学校においても、睡眠時間が取れない事による体調不良で、自分のパフォーマンスが出せずに、一年中を無駄に暮す日も少なくありませんでした。

ただ時間はかかっても、しっかりとした対策を幾らかづつ行っていけば、近々体は変わっていきますので、安心して下さい。
痒みによる不眠対策は、まず腸の健全化を通じて、しっかりとした土台を始めることが重要です。

そうでないと、睡眠環境を整えたり、食事療法を取り入れても、その効果が実に睡眠の改善に結びついていきません。

本サイトでは、痒くて眠れない状況から抜け出す様々な方法を紹介していますので、参考にして頂き、ご自身の不眠対策に活用して頂ければと思います。

「腸の健全化」の具体的な対策については、下記の「腸内環境を改善する」で、詳しい内容を紹介してある。

痒み対策
痒み対策は、食事を直すことや臓器の機能を正常に戻すことが、非常に大事になってきます。

不眠対策
不眠対策は、「睡眠環境を改善する」「暮らしを改善する」「睡眠の質を決める食事を取り去る」の3つから構成されます。

アトピー完治にむけて
本サイトは、
「アトピーに悩む方の不眠に特化した内容」になっています。

それは現在「アトピーの方の不眠に特化した内容」のサイトが、私が探した限りでは無かった事と、アトピーによる不眠で悩んでいる人が、私を含めて多くいらっしゃるのを実感していたので、これはサイトを設ける肝要はいるなと思って、本サイトを立ち上げました。

しかし、不眠を克服した先にあるのは、
「アトピーの完治」であると思います。

ボク、アトピーに何十年と苦しんできましたし、
色んな加療を試してきました。

その経験によって、どうすれば確実にアトピーが上向くのか、
とある考え辿りつきました。

それは、自分自身の経験をベースに、色んな医者や代替医療の治療家などの考えを総合的にまとめたものになります。

ステロイドを使ったアトピーの治療法は?

保湿することでアトピー性皮膚炎が快方に向かうという考え方があり、保湿成分ですワセリンに注目が集まっています。アトピーに対して、正にワセリンが有効なのか解説決める。

hositu01

アトピーには保湿が有効!?
皆を悩ませてあるアトピー性皮膚炎は、依然として明確な原因が解明されていません。しかし、いくつかの有力な説は存在しており、そのうちのひとつに表皮バリア破綻説というものがあります。

これは、外部刺激から皮膚を保護していらっしゃる肌バリア機能が弱り、ちっちゃな刺激を受けただけで皮膚炎が起こってしまうという考え方だ。アトピー患者の方の皮膚を見てみると、肌バリア機能を維持するためのセラミドが減っていることが多く、表皮バリア破綻説には一定の真実味がありそうです。

肌バリア機能は角質層の乾燥によって低下するため、角質層を保湿することがバリア機能の維持、ひいてはアトピー性皮膚炎の改善に役立つと言われています。

肌バリアを維持するためにワセリンは役に立つ!?
角質層の水分量を保つ結果肌バリア機能が維持されるため、アトピー性皮膚炎の方は積極的に保湿ケアを行うことが重要となります。こういう意味では、見た目をワセリンで囲う結果、角質層からの水分蒸発が抑止され、保水になるため、一定の効果があると言えるでしょう。

しかし、アトピー肌の保湿ケアを考えるのならば、ワセリンより他の物質のほうが有効です。ヘパリン類似物質をはじめ、より高い保湿効果を長時間持続する成分は存在しています。ワセリンにも一定の効果はありますが、可能であれば、ヘパリン類似物質のヒルドイドなどを塗布するほうが良いでしょう。

ワセリンによるアトピー治療
過去に、ワセリンによるアトピーケアが存在していたことをご存じの方もいるかもしれませんので、簡単に説明決める。

昔は、アトピー性皮膚炎の方にステロイドを処方する際、ワセリンと混ぜた上で軟膏壺に入れて渡すケースが多かったのですが、この方法は今では下火となっており、断じて推奨されていません。法律的には医師が医薬品を容器から出して、ワセリンと混合した時点で製薬メーカー側の責任ではなくなるため、混合した医師が処方薬に関する全責任を持たなければなりません。(医師が手を加えた結果、メーカーが製造物責任法(PL法)の縛りを受けなくなるため。)

また、ステロイドとワセリンを混合すると、ステロイドの効果は薄まってしまうのに対し、副作用のほうはそれほど貫く点が推奨されない大きな理由と言えるでしょう。

アトピスマイルの評判はどう?

アトピー持ちの方は、初々しい化粧品にトライすると、途端に症状が悪化してしまうので、アトピーケア化粧品についても敏感になってしまいますよね。

atopismile01

こんなアトピーで悩んでいる方にとっても「アトピー肌の救世主」と言われているのがアトピスマイルなのですが、購入前にその成分や効果、副作用についても気になると思います。

また、アトピスマイルを本当に使った人の口コミも引っかかるのではないでしょうか?

そこで今回は、アトピスマイルの口コミや効果や、小さい口コミとその理由についても細かくお伝えしていきます。

アトピスマイルの成分や効果は?副作用も

moringa_03-min

アトピスマイルは、日本で初めてのアトピー肌を改善できる薬用化粧品として、その画期的な成分と効果が話題になってテレビの「報道ステーション」でも取りあげられた薬用クリームだ。

そして、アトピスマイルは、医薬部外品の承認を受けた「ライスパワーNo.11」という有効成分が主成分となっているのですが、「皮膚保水機能の改善」が期待できるという特徴があり、以前くらいから話題になっていますよね。

なので、アトピーなどによる肌荒れ、ヒビ、あかぎれの肌を保湿して手早く改善していただける効果が期待できるのですが、保湿するだけなら他の保湿クリームと何が違うのか、気になっていまいますよね。

その点について、一般の保湿剤では肌の上にセラミドなどの油分で膜を作ったり、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保つ物質を皮膚表面に付着させたりするだけで、皮膚そのものを改善する効果は認められていません。

一方で、ライスパワーエキスNo.11を含むアトピスマイルでは、皮膚深層部にまで浸透し、肌細胞を活性化して、皮膚の内側からセラミドを編み出す力を上げるので、肌全体を健全な状態にし、皮膚保水能を改善する力があるとされています。

つまり、アトピスマイルは、一般の保湿剤のように単純に外側から一時的に保湿するのではなく、肌の内部から根本的に改善させるため、肌本来が秘める力を呼び起こすので、本当の意味でアトピー肌を治すことができるのですね。

アトピスマイルの無事は?副作用はないの?

アトピー肌用のクリームというと、ステロイドやカゼインを気にするほうが大変多いと思いますが、アトピスマイルはステロイドやガゼインを使わず、お米のエキスを主成分として使用しているので、肌への刺激や影響、副作用はほぼないとして大丈夫です。

そして、試験では蒸留水かそれ以上に安全とされていて、乳児も含めて誰が使っても安心ですし、当然副作用の可能性も僅かそうです。