ステロイドを使ったアトピーの治療法は?

保湿することでアトピー性皮膚炎が快方に向かうという考え方があり、保湿成分ですワセリンに注目が集まっています。アトピーに対して、正にワセリンが有効なのか解説決める。

hositu01

アトピーには保湿が有効!?
皆を悩ませてあるアトピー性皮膚炎は、依然として明確な原因が解明されていません。しかし、いくつかの有力な説は存在しており、そのうちのひとつに表皮バリア破綻説というものがあります。

これは、外部刺激から皮膚を保護していらっしゃる肌バリア機能が弱り、ちっちゃな刺激を受けただけで皮膚炎が起こってしまうという考え方だ。アトピー患者の方の皮膚を見てみると、肌バリア機能を維持するためのセラミドが減っていることが多く、表皮バリア破綻説には一定の真実味がありそうです。

肌バリア機能は角質層の乾燥によって低下するため、角質層を保湿することがバリア機能の維持、ひいてはアトピー性皮膚炎の改善に役立つと言われています。

肌バリアを維持するためにワセリンは役に立つ!?
角質層の水分量を保つ結果肌バリア機能が維持されるため、アトピー性皮膚炎の方は積極的に保湿ケアを行うことが重要となります。こういう意味では、見た目をワセリンで囲う結果、角質層からの水分蒸発が抑止され、保水になるため、一定の効果があると言えるでしょう。

しかし、アトピー肌の保湿ケアを考えるのならば、ワセリンより他の物質のほうが有効です。ヘパリン類似物質をはじめ、より高い保湿効果を長時間持続する成分は存在しています。ワセリンにも一定の効果はありますが、可能であれば、ヘパリン類似物質のヒルドイドなどを塗布するほうが良いでしょう。

ワセリンによるアトピー治療
過去に、ワセリンによるアトピーケアが存在していたことをご存じの方もいるかもしれませんので、簡単に説明決める。

昔は、アトピー性皮膚炎の方にステロイドを処方する際、ワセリンと混ぜた上で軟膏壺に入れて渡すケースが多かったのですが、この方法は今では下火となっており、断じて推奨されていません。法律的には医師が医薬品を容器から出して、ワセリンと混合した時点で製薬メーカー側の責任ではなくなるため、混合した医師が処方薬に関する全責任を持たなければなりません。(医師が手を加えた結果、メーカーが製造物責任法(PL法)の縛りを受けなくなるため。)

また、ステロイドとワセリンを混合すると、ステロイドの効果は薄まってしまうのに対し、副作用のほうはそれほど貫く点が推奨されない大きな理由と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です